人々の生活を支える立役者

首都圏において、東海道を走る鉄道と言えば、神奈川県内を走り抜ける鉄道が挙げられます。神奈川県は、今ではもう大阪よりも人口が多く、全国から人が集まる人気のエリアともなっているのです。神奈川県にある下田は、日本で初めて開港したちであり、外来文化を受け入れやすく、和洋折衷と文化を発展させてきた経緯があります。藤沢と鎌倉を結ぶ江ノ島電鉄は、緑を基調とした鉄道であり、自然と一体化している魅力を持ち合わせています。大正時代にはした様なデザインも採用さているため、都会の中でありながら、レトロ感を味わえる人気の鉄道です。神奈川県は、東京のベッドタウンとして栄えて来ました。その繁栄を支えてきたのが、東京の新宿と神奈川県の西にある小田原を結んだ小田急電鉄が挙げられます。小田原は、静岡県の伊豆とも近く、伊豆への旅行は、ロマンスカーと呼ばれる特急があります。特急と言っても、料金もそれほど高くはなく、ビジネスマンが毎日、ロマンスカーで通勤されている人もいるのです。県庁所在地である横浜市は、横浜を中心に、横浜高速鉄道みなとみらい線があります。埋立地は、新しい未来をイメージした街作りもされており、横浜駅からみなとみらい駅、観光でも有名な中華街がある元町までを結んでいます。東京都と横浜市を結ぶ京浜電鉄は、東京都にある羽田、品川、東京駅に行くのに便利です。現在の京浜電鉄の本社は東京にありますが、元とは川崎の平間寺への参拝者のために作り方された鉄道であるため、横浜、川崎、横須賀の路線に強みを持ちあわせています。

新着情報